日本ウエスト株式会社 japan-waste.co.jp

トップページ業務内容 》物流ネットワーク
物流ネットワーク
物流ネットワーク
廃棄処理フロー
RPF製造
機密性廃棄物処理
ネットワーク
処理実績
料金体系










ご安心いただける収集運搬〜迅速・合理的な収集サービス〜
廃棄物の形状、素材及び排出頻度によって車輌内容が変わります。
多様化するニーズに、より迅速かつ合理的な収集運搬サービスが行えるよう、各車両を配備致しております。
下記の一覧の車輌をもとに回収方法などご提案させて頂きます。
まず、押込・圧縮機能を備えた収集専用車(パッカー車)、次にコンテナを廃棄物の貯留場としてご利用いただける、脱着装置付コンテナ車(アームロール車)、また完全密閉型のアルミコンテナ車は、病院から出る医療系廃棄物や特管物を運びます。


車両型式 最大積載可能寸法(o) 保有台数 積載量
全保有台数 73台  
@トラクタ 9,500×2,300×1,850 4台 30,480kg
Aバン 1,810×1,420×935 1台 400kg
Bバン(2t保冷車) 3,020×1,745×1,835 4台 2,000kg
D3t塵芥車(ロードセル自重計付) 7? 3台 1,900kg〜2,600kg
E4t塵芥車(ロードセル自重計付) 10? 4台 1,150kg〜2,000kg
F6t塵芥車(ロードセル自重計付) 10? 15台 3,300kg〜3,600kg
G脱着装置付きコンテナ専用車(2t車) 2,700×1,530×930 1台 2,000kg
H脱着装置付きコンテナ専用車(4t車) 3,600×1,910×1,170 9台 3,550kg〜3,750kg
I脱着装置付きコンテナ専用車(6t車) 8,000×2,300×1,600 8台 6,300kg
J脱着装置付きコンテナ専用車(10t車) 8,000×2,300×1,600 19台 11,800kg〜12,600kg

※自重計付きパッカー車
積込んだ廃棄物を荷台ごと計量し、その場で実重量の把握が可能となり、収集先ごとの計量ができ集計処理など管理機能も備えて
います。
※GPS搭載車
全車両にGPSを搭載し、パソコンにて運行経路や時間等のデータが管理され、運搬が確実に終了した事をご確認いただけます。

運搬車の排ガスレベル 2020年
5月末
2020年
10月末
2021年
5月予定
全保有台数 67台 71台 73台
@平成10年排出ガス規制適合車 3台 3台 3台
4.5% 4.2% 4.1%
A平成11年排出ガス規制適合車 1台 1台 1台
1.5% 1.4% 1.4%
B平成12年基準排出ガスPM75%低減ディーゼル車☆☆☆ 5台 6台 6台
7.5% 8.5% 8.2%
C平成17年基準NOX・PM10%低減重量車★ 2台 2台 2台
3.0% 2.8% 2.7%
D平成17年基準PM10%低減重量車☆ 11台 10台 9台
16.4% 14.1% 12.3%
E平成21年基準適合排出ガス10%低減車☆ 8台 10台 10台
11.9% 14.1% 13.7%
F平成21年排出ガス規制適合車 3台 1台 1台
4.5% 1.4% 1.4%
G平成22年基準適合排出ガス10%低減車☆ 8台 8台 8台
11.9% 11.3% 11.00%
H平成22年排出ガス規制適合車 13台 13台 13台
19.4% 18.3% 17.8%
I平成28年排出ガス規制適合車 13台 16台 19台
19.4% 22.5% 26.0%
J平成30年基準適合排出ガス50%低減レベル車   1台 1台
  1.4% 1.4%
【低排出ガス車の導入目標】
令和5年5月までに平成17年基準低排出ガス重量車(上記C〜J)の占める割合を全保有台数の90%以上とする。

運搬車の燃費低減レベル 台数 割合
全保有台数 73台 100.00%
平成27年度
燃費基準達成車
@ 32台 43.84%
A 5%低減レベル 13台 17.81%
B 10%低減レベル 10台 13.70%
C 20%低減レベル 1台 1.37%
該当なし 17台 23.29%


公表日:平成22年9月24日
最終更新日:令和3年5月31日

日本ウエストの個人情報保護方針 「個人情報保護法」に基づく公表事項 日本ウエスト環境方針

Copyright 2005(C)Japan-Waste co,ltd.